植村税理士事務所
植村税理士事務所
お問い合わせボタン
  • トップ
  • 法人のお客様
  • 個人のお客様
  • パッケージプラン
  • 料金
  • 会社概要
法人のお客様
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 新規会社設立をお考えのお客様、会計事務所変更をお考えのお客様
  • 新規会社設立&税務パック
税務調査対策
このようなお悩みはありませんか?
■ 無予告できた税務調査の対応を、顧問税理士がしなかった。
■ 税務調査の際に、顧問税理士がこちらの立場で戦ってくれなかった。
■ 調査官の指摘を、税理士がそのまま受け入れて申告した。
■ 顧問税理士が、税務調査の際に急に冷たくなった。
■ 一度税務調査が入ったら、頻繁に調査が入るようになった。
税務調査を省略する方法があります!
【書面添付申告 → 調査回避へ】
「書面添付申告」とは、税理士がきちんと計算したことを証する書面を申告書に添付し提出する制度のことです。

この添付書面で「調査の必要性がない」と認められた場合は、税務調査に至らず調査終了となることがあります。

当社では、この「書面添付」に力を入れ、税務調査の回避に努めます! 万が一調査が入ってしまった場合は、調査日当は無料で対応いたします。
万が一調査が入っても大丈夫です!
【よくある質問】
Q.税務調査が突然来ましたが、どうしたらいいでしょうか?
すぐに当社に連絡をして下さい。
調査日程を調整したうえで、税務調査に強い税理士が立ち会うことで、余計な税金を課されるリスクを大幅に軽減できます。
Q.税務調査官に指摘された税金・加算税・延滞税が払えないのですが?
調査官が指摘したものが「決定」ではありません。
税務調査に強い税理士が対応することにより、税額を減らすことが可能です。
Q.税理士の対応が悪く、税務調査でもめてしまいました。
税務調査をきっかけに、税理士を変更するケースが後を絶ちません。
もめてしまった場合でも、再度仕切り直しができます。税務調査に強い当社にお早めにご相談ください。
Q.これまで何年も申告していませんし、資料もありません。どうしたらいいですか?
申告がされていない場合、対外的信用面に影響が出たり、税務署から追徴金が課せられたりする  場合がありますので注意が必要です。
しかし、心配は不要です。税理士なら資料がなくても解決策を導き出し、過去の申告を完了させる事ができます。
まずはお気軽にご相談ください。